女性,在宅,起業,ポイント

20代はバリバリ営業をしていた女性。毎度のノルマも達成し給料も同年代の女性に比べるとかなりの高額。30代あたりから彼氏との結婚を意識初めて30代前半で結婚。次は子どもが欲しくなりすぐに第一子を妊娠。と同時に産休に入る。子どもが生まれ家族が増えて幸せの生活を送っている。1年ぐらいして子どもが保育園に行くことになり、その時期から自分も産休中だった職場へ復職。しかしやはり子どもの問題で会社員を続けることが困難になり退職。旦那さんも安定した職に就いているので生活には困らない。

例えば上記のような女性の場合、絶対に家で何もせずに主婦をしているという生活は送れないはず。若い頃は仕事が好きでバリバリ毎日動き回っていたが、子どもが生まれて幸せな家族生活を送れているが日常でなにか物足りない。

そんな時、自分に在宅で何か起業できる事はないかと考える人がいます。

在宅で起業をしたいと思った場合いろんな選択肢が出てくると思います。

例えば、在宅ワークのような作業系、サイト制作やWEBデザインやアフィリエイトなどの技術系、FXや株などの投資系などいろいろあります。

作業系の場合は収入を上げるためにはどうしても作業量も比例して増えてしまうため限界がありますので起業はオススメ出来ません。投資系に関してもお金に余裕があればいいのですがリスクも伴いますので無知のまま起業するのは厳しいでしょう。

ただ、やはりWEB系に関しましては起業できる見込みはあると思います。スキルを習得するまでに少しだけ時間はかかるかもしれませんが、WEBの制作やアフィリエイトなどは必ずしも作業量と収入が比例するわけではなく、制作に関してはお客様が満足いくのであれば自分の技術が上がるとともに言い値で収入も上げていくことが出来ますし、アフィリエイトに関しましても一定の壁を超えると一気に収入を上げていくことも可能です。

WEB関連であれば最初は自宅で始めて一人で起業することも問題ないですし、規模が少し大きくなっていけば仲間を募集して拡大していける夢もあります。

もちろん甘い世界ではありませんが、自分が「何をやりたいのか」ということと、それを実現するために「どこで or 誰から学ぶか」が最も重要になってくるかと思います。