女性,在宅,起業,注意

やはり一番怖いのはストーカーなどの人的な被害です。自分は大丈夫と思っている人ほどそういう目にあってしまうのに本当に注意が必要です。

ホームページやチラシを作成する場合には出来るだけ住所は記載せず、近くの目立つ建物などを記載することをオススメします。電話番号に関しましてもプライベートと完全に分けることが重要になってきます。顔写真を載せることで信用性はかなりアップしますが、それと同時に顔を公にさらすわけですから男性があなたの事をタイプだと感じたら近づいてくるかもしれません。

一人暮らしで自宅で起業することもそうですし、夫や子どもと生活している場で起業する場合も安易に考えずに初めの一番重要なポイントとして考えて頂きたいと思います。

次に注意するポイントとしてはお金関係でしょう。

在宅での書類や金銭の管理も重要になってきますが、取引先やお客様とのお金の流れもしっかりと管理しましょう。特に相手が女性となると最初から上から目線で交渉や取引を持ちかけられる可能性も高いです。そこで揉めないようにしっかりと自分の芯をブラさずにYes・Noをしっかりと伝え、念のため打合せ等の際には録音しておくのも一つの手段です。

言った言わなかったなどで支払いが行われなかったり、口約束などでの金額面の決定などは一番リスクが高いですのでしっかりと書面での手続きを毎回怠らないようにしなければなりません。

もし収入に余裕があるのであれば、書類関係などは司法書士に依頼をし、税金やお金の流れにかんしては顧問税理士などを依頼しておくとよいかもしれません。

事業を継続させることも重要ですが、どんな人でもどんな会社でも起業をする時が一番大変です。さらに在宅での一人での起業となるとその何倍です。お金の面・書類の面・法律の面などたくさんやるべきことがありますので、時間をかけてでも確実に進めていきましょう。

何か起きてしまってからでは後の祭りです。