女性,30代,平均年収

このサイトでは特に女性の副業に関する情報を多く配信していますが、今回は本業では女性がどのぐらい稼いでいるのかという点に着目して書いてみましょう。もちろん本業が会社員の人もいれば主婦でパート・アルバイトもいますし、そういった人も全部ひっくるめて見てみましょう。

全ての女性の年収を平均した額は約350万円という情報が出ています。単純に計算をするとなると月収約25万円+ボーナスが1カ月分の年2回といったところだろうか。正直これだけの収入があれば都内だとしても本業だけで生計は立てれそうな気もしますが現実はそうではないみたいです。

家賃や光熱費、交際費などに加え、実家に仕送りをしている人や奨学金の返済が続いている人など。その理由で女性の副業を始める人がかなり増えてきているのだと思います。会社員でも年収が400万円を超えている人は本業だけで全然問題ないでしょう。しかし、契約社員の女性やアルバイトを掛け持ちしている女性が特に副業を始めているのだと思います。

今回のデータは30代前後での結果ですが、もう少し年齢が上がっていくと平均年収の数字はガクンと落ちるのは間違いないです。結婚後、子どもを生む年齢が一番多いのが30代前半〜半ばにかけてだからです。出産で産休に入ったものの、復職しても子どもの問題で続かない、いや、続けることが出来ない人がほとんだといわれています。待機児童などの問題も大きな背景になっているのだと思います。

復職したが子どもの問題でまた仕事をやめてしまった女性や、出産で退職して子どもが落ち着いて仕事を探すが見つからないという女性が特に副業をしている女性の割合を占めています。子どもが保育園に行っている間の日中にかなり時間があくわけですから、その時間に内職を始める人が多いといいます。

平日の日中たとえば5時間ぐらい作業するだけでも月に4万〜5円はいくでしょう。内職の場合は成果報酬になるので時給ではなく成果で計算され、それを例えば時給に換算したとしてもどんなに安くても時給5oo円には達します。

500円 ✕ 5時間 ✕ 22日 = 55,000円

副業や内職を始めて毎日コツコツ作業するだけでも年間にすると約60万円のプラス。生計を助ける上ではかなりの力になってくると思います。この年間60万円という数字を家計に足さずに貯金するだけでも年に2回は家族で旅行に行ける程の金額になりますしね♪

あなたも初めてみては?